MINTON

1793年、創立者のトーマスは陶磁器の転写に使う銅板を彫る職人でした。ミントンは初めから芸術性を求め、装飾性に富んだ作品に取り組んできました。2代目のハーバード・ミントンの時代には優秀な人材を確保し気品ある大理石のような美しさを持つ「パリアン陶器」や、金を腐食させて紋様をつくる「アシッド・ゴールド」技法などを発明し大いに発展させました。3代目を受け継いだ甥のコリンも、新しい装飾技法を生み出し続け、ついにはヴィクトリア女王から「世界で最も美しいボーン・チャイナ」との賞賛を得るに至りました。

ヴィクトリア女王から「世界で最も美しいボーンチャイナ」と称され、全世界の英国大使館でも使われているミントンは1793年にトーマス・ミントンによってこの世に生を受けました。
以来200年、ロイヤルドルトングループの中でも、その卓越したクラフトマンシップで各国王室の特別注文に応えるなど、英国を代表する窯として世界中から高い評価を得ています。

現在、日本ではホテル・レストラン向けに最高級カトラリーを提供している新潟県の株式会社サクライがライセンス契約に基づき製造し、贈答品から普段使いまで多くの人々に親しまれています。